【update】歯撮くんplus2.2.12

2018年11月17日 土曜日

  • 歯撮くんの終了時に、データベースファイルを自動バックアップする機能が追加されました。

    ・自動バックアップに関する設定の変更は、「歯撮くんplus管理→システム設定」画面にて行ってください。

     ※歯撮くんを複数のPCで起動している場合は、一番最後に終了した歯撮くんがデータベースファイルの自動バックアップ処理を行います。
     ※自動バックアップ処理では、データベースファイル「歯撮くん.mdb」のみバックアップされます。
     ※画像、動画等の登録ファイルや印刷履歴ファイル(PDF)はバックアップされません。
     ※初期設定では、自動バックアップが「有効」となっており、最大「3」個までバックアップファイルが履歴として保存されます。
     ※バックアップファイル数が履歴数を超えた場合は、日付の古い順からファイルが自動的に削除されます。
     ※「歯撮くん.mdb」が存在するフォルダの下の「DatabaseBackup」フォルダにデータベースファイルが自動バックアップされます。

    ・この修正により以下のプログラムのバージョン変更が行なわれました。

     歯撮くんplus管理 1.0.7 → 1.0.8


【update】歯撮くんplus2.2.11

2018年10月31日 水曜日

  • 動画管理画面のキャプチャデバイスからの取り込み機能において、指定した秒数の録画を行う録画タイマー機能が追加されました。

    ・録画タイマーで録画する秒数の変更は、「キャプチャデバイスからの取り込み」画面のメニューから「設定(T) → 録画タイマーの設定(T)」にて行えます
    ・録画タイマーを開始するには、メニュー又はボタンの「動画の録画タイマー1を開始」又は「動画の録画タイマー2を開始」の何れかを押してください。
    ・「キャプチャデバイスからの取り込み」画面のメニュー「設定(T) → ショートカットキーの設定(K)」に、録画タイマーのショットカットキーが設定できる項目が追加されました。
  • ファイル及び動画管理画面において、ファイルサイズが取得できなかった場合のリストに表示されるメッセージを「獲得エラー」から「不明」に変更しました。


【update】歯撮くんplus2.2.10

2018年9月18日 火曜日

  • 診察日の選択画面の表示時において、以下のエラーが発生する問題を修正しました。

    エラー番号  :-2147417848
    エラー内容  :’~’ メソッドは失敗しました: ‘~’ オブジェクト
    エラー発生場所:frmConsultList.Form_Load()


【update】歯撮くんplus2.2.9

2018年6月14日 木曜日

  • 画像管理画面等において、スキャナデバイスから取り込んだ画像を表示しようとすると、以下のエラーが発生する問題を修正しました。

    エラー番号  :20010
    エラー内容  :LEAD エラー: ファイルが見つかりません。
    エラー発生場所:frmPicture.msLoadPicture()


【update】歯撮くんplus2.2.8

2018年5月25日 金曜日

  • 動画管理、及びファイル管理の新規登録時に表示されるファイル選択画面のサイズを変更可能としました。。


【update】歯撮くんplus2.2.7

2018年5月22日 火曜日

  • 歯撮くんplusの終了時において、以下のエラーが発生する場合がある問題を修正しました。

    エラー番号  :13
    エラー内容  :型が一致しません。
    エラー発生場所:frmSystemMenu.mfCheckLastBackupDateTime()


【update】歯撮くんplus2.2.6

2018年4月11日 水曜日

  • 画像表示画面の診察日選択リストで「全ての診察日」を選択すると、サムネイル画像一覧の上に「診察日の新しい順で表示」チェックボックスが表示されるようになりました。
    ・「診察日の新しい順で表示」をチェックをすると「全ての診察日」を選択した時の画像が、診察日の新しい順で表示されるようになります。
    ・「診察日の新しい順で表示」のチェック状態はPC毎の設定となります。
    ・「診察日の新しい順で表示」のチェック状態は保存されます。(次回の歯撮くん起動時は、今回のチェック状態で画像表示画面が表示されます)


【update】歯撮くんplus2.2.5

2018年3月19日 月曜日

  • メインメニューのオプション「終了時に歯撮くんバックアップの実行日時をチェックする」のチェックを外しても再起動後にチェック状態に戻ってしまう問題を修正しました。


【update】歯撮くんplus2.2.4

2017年12月6日 水曜日

  • 歯撮くんplus KFSのライセンスキーが導入されている環境で、以下のエラーが発生する問題を修正しました。

    エラー番号  :7002
    エラー内容  :オプションライセンスキーの内容が正しくありません。(No=02)
    エラー発生場所:sdmCommon.hfLoadOptionLicenseInfo()


【update】歯撮くんplus2.2.3a

2017年11月30日 木曜日

  • 歯撮くんバックアップ(バージョン1.0.7以降)を最後に実行してから1週間以上経過している場合は、歯撮くんの終了時に警告メッセージが表示されるようになりました。

    ※歯撮くんバックアップ(バージョン1.0.7以降)を一度も実行していない場合は、バージョン2.2.3aの利用開始から1週間以上経過すると同様の警告メッセージが表示されます。

    ・バックアップの警告メッセージを表示しないようにするには、メインメニューのオプションから「終了時に歯撮くんバックアップの実行日時をチェックする」を選択してチェックを外してください。
    ・この修正により以下のプログラムのバージョン変更が行なわれました。

     歯撮くんplusバックアップ 1.0.6 → 1.0.7


【update】歯撮くんplus2.2.2

2017年11月15日 水曜日

  • 歯撮くんplus管理において、編集メニューの「医師マスター」の名称を「スタッフ管理」に修正しました。

    ・この修正により以下のプログラムのバージョン変更が行なわれました。

     歯撮くんplus管理 1.0.6 → 1.0.7


【update】歯撮くんplus2.2.1

2017年10月26日 木曜日

  • 最新版の「AngelPerio 画像取り込みゲートウェイ」プログラムに対応する修正を行いました。


【update】歯撮くんplus2.2.0

2017年10月20日 金曜日

  • メインメニューの「オプション(O)」に「全ての患者のリンクデータを出力(P)」機能が追加されました。

    ・本機能は、製品種別が「歯撮くんplus D-Staff」の場合にのみ有効となります。


【update】歯撮くんplus2.1.24

2017年8月9日 水曜日

  • 歯撮くんplus管理において、医師管理の名称がスタッフ管理に変更されました。
  • スタッフ情報の区分に「歯科技工士」が追加されました。

    ・この修正により以下のプログラムのバージョン変更が行なわれました。

     歯撮くんplus管理 1.0.5 → 1.0.6
  • 診察情報の「衛生士」フィールドの名称が「診察担当」に変更され、歯科衛生士以外のスタッフが選択可能となりました。


【update】歯撮くんplus2.1.23

2017年7月19日 水曜日

  • アイスペシャルC-ⅢのQRコード表示に対応しました。

    ・メインメニューの「オプション(O) → アイスペシャルC-Ⅱの患者情報QRコードを表示可能とする(Q)」の表記が「アイスペシャルCの患者情報QRコードを表示可能とする」に変更されました。
    ・QRコードの設定画面において「表示するQRコードの種類」ドロップダウンリストが追加されました。


【update】歯撮くんplus2.1.22

2017年3月7日 火曜日

  • 給紙トレイの設定が行えないプリンタードライバーがインストールされているPC環境において、帳票の印刷ボタンを押すと以下のエラーが発生する問題を修正しました。

    エラー番号  :2007
    エラー内容  :PaperBinプロパティの機能はこのプリンタドライバではサポートされていません。
    エラー発生場所:frmReport2Disp.arvReport_ToolbarClick()


【update】歯撮くんplus2.1.21

2017年2月9日 木曜日

歯撮くんplus バージョン2.1.21 [2017/02/09]
  • 印刷様式「AQSA4H17」において、右上の2枚の画像が入れ替わって印刷されてしまう問題を修正しました。
  • 歯撮くんplusバックアップにおいて、バックアップを中断する為のキー操作を「ESC」から「Ctrl+C」キーに変更しました。


【update】歯撮くんplus2.1.20

2016年10月28日 金曜日

歯撮くんplus バージョン2.1.20 [2016/10/28]
  • 帳票の印刷時において、最後に印刷したプリンターが存在しなくなった場合に、以下のエラーが発生する問題を修正しました。

    エラー番号  :9
    エラー内容  :インデックスが有効範囲にありません。
    エラー発生場所:frmReport2Disp.arvReport_ToolbarClick()
  • 印刷プレビュー画面において、「画像として保存(S)」メニューを押した時に、以下のエラーが発生する問題を修正しました。

    エラー番号  :-2147467259
    エラー内容  :※ここには保存日時が設定されているファイル名が表示されます。
    エラー発生場所:frmReportSavePicture.mfSavePrintImagePicture()


【update】歯撮くんplus2.1.19

2016年10月20日 木曜日

歯撮くんplus バージョン2.1.19 [2016/10/20]
  • 画像管理画面において、ファイルを指定して画像を取り込む場合のダイアログをWindows標準のものへ変更しました。
  • Windows10の環境において、エラー情報とシステム情報に表示されるWindowsのバージョンが正しく表示されない問題を修正しました。


【update】歯撮くんplus2.1.18

2016年10月18日 火曜日

歯撮くんplus バージョン2.1.18 [2016/10/18]
  • 帳票の印刷時において、患者氏名の後ろに敬称「様」を自動的に付加するようにいたしました。


【update】歯撮くんplus2.1.17

2016年10月4日 火曜日

歯撮くんplus バージョン2.1.17 [2016/10/04]
  • 画像管理画面において、サムネイル画像の上にある画像の90度回転アイコンを押した場合に、正しく画像が回転されない問題を修正しました。
  • 横型帳票において、診察情報に歯科衛生士が設定されていない場合は、診察医師名の後ろにスラッシュの区切り文字が表示されない様になりました。


【update】歯撮くんplus2.1.16

2016年6月11日 土曜日

歯撮くんplus バージョン2.1.16 [2016/06/11]
  • 画像管理画面において、サムネイル画像の下に表示するテキスト(部位、目的、備考)の変更設定が保存されずに毎回リセットされてしまう問題を修正しました。
  • 画像表示画面において、サムネイル画像の下に表示するテキスト(診察日、部位、目的、備考等)の変更設定が保存されずに毎回リセットされてしまう問題を修正しました。


【update】歯撮くんplus2.1.15

2016年1月28日 木曜日

歯撮くんplus バージョン2.1.15 [2016/01/28]
  • 特定のPC環境によって以下のエラーメッセージが表示されてしまう問題を修正しました。

    エラー番号  :401
    エラー内容  :モーダル フォームが表示されているときはモードレス フォームを表示できません。
    エラー発生場所:frmDisplay.timReloadThumbnails_Timer()


【update】歯撮くんplus2.1.14

2016年1月12日 火曜日

歯撮くんplus バージョン2.1.14 [2016/01/12]
  • 有効なLANアダプターが存在しない場合、起動時に以下のエラーが発生してしまう問題を修正しました。

    エラー番号  :9
    エラー内容  :インデックスが有効範囲にありません。
    エラー発生場所:sdmMain.gfLock()


【update】歯撮くんplus2.1.13

2015年12月17日 木曜日

歯撮くんplus バージョン2.1.13 [2015/12/17]
  • システムメニューの項目「歯撮くんplus画像表示を並べて表示する」を横と縦の並びが選択できる以下の2つのメニュー項目へ変更しました。

    ・歯撮くんplus画像表示を横に並べて表示する(T)
    ・歯撮くんplus画像表示を縦に並べて表示する(U)


【update】歯撮くんplus2.1.12

2015年12月7日 月曜日

歯撮くんplus バージョン2.1.12 [2015/12/07]
  • 画像管理画面から呼び出される画像の自動並べ替え機能において、2件目以降の登録が正しく行えない問題を修正しました。


【update】歯撮くんplus2.1.11

2015年10月4日 日曜日

歯撮くんplus バージョン2.1.11 [2015/10/04]
  • 有効なネットワークアダプターのMACアドレス存在チェックを院内ライセンス時に行わないように修正しました。


【update】歯撮くんplus2.1.10

2015年7月6日 月曜日

歯撮くんplus バージョン2.1.10 [2015/07/06]
  • 歯撮くんplusの起動時において、MACアドレスが1つも見つからない場合は以下のエラーが表示されるようになりました。

    エラー番号  :1000
    エラー内容  :MACアドレスが見つかりません。
    エラー発生場所:sdmMain.Main()
  • 画像表示画面の診察日内画像一覧において、「全ての診察日の画像」を選択した状態で再表示を行うと診察日一覧が表示されない問題を修正しました。
  • 歯撮くんplusからAngelPerioへの画像登録機能が追加されました。
    ・本機能を利用するには、歯撮くんplusがインストールされているPCに「AngelPerio 画像取り込みゲートウェイ」プログラムを導入する必要があります。
    ・AngelPerioへ画像を登録するには、画像管理画面で登録対象となる画像を選択した後に複数選択チェックボックスの左側に新規追加された「選択した画像をAngelPerioへ登録する」アイコンを押してください。


【update】歯撮くんplus2.1.9

2015年2月14日 土曜日

歯撮くんplus バージョン2.1.9 [2015/01/14]
  • カルテNo.入力による患者選択時のリアルタイム検索を停止する機能が追加されました。

    ・リアルタイム検索を停止するには、メイン画面のメニュー「オプション(O)」→「カルテNo.入力による患者選択時のリアルタイム検索(R)」を選択してチェックを外してください。
  • 歯撮くんplus暗号化において、パスワードの新規登録および修正時に以下のエラーが発生する問題を修正しました。

    エラー番号  :28
    エラー内容  :スタック領域が不足しています。
    エラー発生場所:frmEncryptPasswordList.scmUpdate_Click()

    ・この修正により以下のプログラムのバージョン変更が行なわれました。

     歯撮くんplus暗号化 1.0.4 → 1.0.5


【update】歯撮くんplus2.1.8

2014年12月18日 木曜日

歯撮くんplus バージョン2.1.8 [2014/12/18]
  • ライセンス形態がPCライセンスの場合に、幾つかのプログラムが正しく起動できない問題を修正しました。
    ・この修正により以下のプログラムのバージョン変更が行なわれました。
     歯撮くんplus暗号化 1.0.3 → 1.0.4
     歯撮くんplusファイル表示パスワードの設定 1.0.3 → 1.0.4


【update】歯撮くんplus2.1.7

2014年10月4日 土曜日

歯撮くんplus バージョン2.1.7 [2014/10/04]
  • 患者選択画面において、複数の患者に該当する「フリガナ、氏名、TEL」の検索条件を入力して「OK」ボタンを押した場合に、該当する患者だけでなく全ての患者が患者情報の一覧に表示されてしまう問題を修正しました。


【update】歯撮くんplus2.1.6

2014年7月8日 火曜日

歯撮くんplus バージョン2.1.6 [2014/07/08]
  • 帳票に出力する医院情報のラベルと項目をカスタマイズする機能が追加されました。

    ・上記機能を利用するには、医院情報画面で新たに追加された「印刷設定」ボタンを押してください。


【update】歯撮くんplus2.1.5

2014年4月3日 木曜日

歯撮くんplus バージョン2.1.5 [2014/04/03]
  • 診察画面において、2.1.3で追加された「患者情報の詳細検索」アイコンのフォントが正しく設定されない問題を修正しました。


【update】歯撮くんplus2.1.4

2014年4月2日 水曜日

歯撮くんplus バージョン2.1.4 [2014/04/02]
  • メインメニュー画面の「オプション(O)」メニューに、「アイスペシャルC-Ⅱの患者情報QRコードを表示可能とする(Q)」項目が追加されました。

    ・上記メニュー項目を選択してチェックを付けると、診察画面にアイスペシャルC-Ⅱ用の患者情報QRコードを表示するボタンが表示されるようになります。

  • 診察画面に、アイスペシャルC-Ⅱ用の患者情報QRコードを表示する機能が追加されました。

    ・アイスペシャルC-Ⅱ用の患者情報QRコードを表示するには、患者氏名の左に追加された「QRコード表示」アイコンを押してください。
    ・QRコード表示画面の位置とサイズは最後の状態が記憶され、次回の表示時に再現されます。
    ・QRコード表示画面の上部にある設定ボタンを押すと、QRコードの設定画面が表示されます。
    ・QRコード表示画面のドロップダウンリストを選択すると、QRコードの表示サイズを変更する事ができます。

  • 診察画面において、QRコードを表示する為のショートカットキーが追加されました。

    ・QRコードを表示するショートカットキーの初期状態は「F9」となっております。
    ・診察画面の何も表示されていない部分でマウスを右クリックして表示されるメニューから、「ショートカットキーの設定(S)」を選択するとキーの割り当てを変更する事ができます。


【update】歯撮くんplus2.1.3

2014年3月31日 月曜日

歯撮くんplus バージョン2.1.3 [2014/03/31]
  • 患者の選択画面において、患者情報の一覧表示アイコンが廃止されて、患者情報の詳細検索と全患者の表示アイコンが追加されました。


【update】歯撮くんplus2.1.2

2014年2月28日 金曜日

歯撮くんplus バージョン2.1.2 [2014/03/28]
  • 患者情報の一覧画面に、「全患者の検索」アイコンが追加されました。

    ・本アイコンの追加に伴い、患者情報の検索画面から「全ての患者情報を表示する」の選択項目が廃止されました。
    ・本アイコンの追加に伴い、患者情報の一覧画面の初期表示時に、患者情報の検索画面が表示されないようになりました。

  • 各種画面において、サムネイル画像が1クリックでドラック出来るようになりました。


【update】歯撮くんplus2.1.5

2014年2月3日 月曜日

歯撮くんplus バージョン2.1.5 [2014/04/03]
  • 診察画面において、2.1.3で追加された「患者情報の詳細検索」アイコンのフォントが正しく設定されない問題を修正しました。


【update】歯撮くんplus2.1.1

2013年12月5日 木曜日

歯撮くんplus バージョン2.1.1 [2013/12/05]
  • 画像管理画面において、サムネイル画像を右クリックして表示されるメニューから「画像の反転 – 上下 + 左右(M)」が消えていた問題を修正しました。


【update】歯撮くんplus2.1.0

2013年10月30日 水曜日

歯撮くんplus バージョン2.1.0 [2013/10/30]
  • 画像管理、画像表示、動画管理、ファイル管理の4つの画面において、画面位置とサイズの変更が可能となりました。

    ・変更後の画面位置とサイズは記憶され、次回の画面表示時に再現されます。
    ・初期表示サイズより画面を小さくする事はできません。

  • 画像管理、画像表示の2つの画面において、サムネイル画像の表示数を自由に変更する機能が追加されました。

    ・サムネイル画像の表示数を変更するには、サムネイル画像を右クリックして表示されるメニューの「画像の表示数を変更(T)」を選択してください。
    ・指定できる画像の表示数は、縦横共に1~30までとなります。
    ・尚、本機能の追加により、以前の右クリックメニューに存在した「表示倍率の変更(T)」機能は廃止されました。

  • 画像管理画面に、画像の自動並べ替え処理の機能が追加されました。

    ・画像の自動並べ替え処理を利用するには、サムネイル画像を右クリックして表示されるメニューから「画像の自動並べ替え処理(O)」を選択するか、又はサムネイル画像の上部に追加された「画像の自動並べ替え処理アイコン」を押してください。
    ・画像の自動並べ替えアイコンは、画像の調整アイコンの右側に追加されました。
    ・画像の自動並べ替えアイコンの追加により、「画像の暗号化アイコン」と「画像を暗号化してメールに添付アイコン」の配置が、サムネイル画像の上部から、サムネイル画像の下部(右下)に変更となりました。
    ・画像の自動並べ替え処理の新規登録、および修正画面は、サムネイル画像を右クリックして表示されるメニューから「画像の表示数を変更(T)」を選択する事により、サムネイル画像の表示数を変更する事が可能です。
    ・画像の自動並べ替え処理のプレビュー画面は、サムネイル画像を右クリックして表示されるメニューから「画像の表示数を変更(T)」を選択する事により、サムネイル画像の表示数を変更する事が可能です。
    ・画像の自動並べ替え処理のプレビュー画面において、サムネイル画像をダブルクリック、又は右クリックして表示されるメニューから「外部ビューアで画像を表示(Z)」を選択して表示される画像は、サムネイル表示用の縮小画像となります。

  • メインメニューから最新バージョンのダウンロードページを表示する事が可能となりました。

    ・最新バージョンのダウンロードページを表示するには、メインメニューから「ヘルプ(H) → 最新バージョンのダウンロードページを表示(D)」を選択してください。


【update】歯撮くんplus2.0.18

2013年10月5日 土曜日

歯撮くんplus バージョン2.0.18 [2013/10/05]
  • 歯科医師マスターに、区分が「歯科医師」の医師が1件も登録されていない状態で、診察日の新規登録、および修正を行うと、以下のエラーが発生する問題を修正しました。

    エラー番号  :380
    エラー内容  :プロパティの値が不正です。
    エラー発生場所:frmConsultNewAndUpdate.msSetConsultInfo()

    ※本修正により、区分が「歯科医師」の医師が1件も登録されていない場合は、歯撮くんplusの起動時にエラーが表示されるようになりました。


【update】歯撮くんplus2.0.17

2013年5月13日 月曜日

歯撮くんplus バージョン2.0.17 [2013/05/13]
  • エラー情報、及びシステム情報に表示されるOSの種類で、Windows 8が正しく表示されない問題を修正しました。

  • エラー情報の表示において、実行モジュールと同じフォルダに「販売元.jpg」が存在しないとエラーが発生する問題を修正しました。


【update】歯撮くんplus2.0.15

2012年9月21日 金曜日

歯撮くんplus バージョン2.0.15 [2012/09/21]
  • PCライセンスの申請キーを送信画面において、以下の項目が追加されました。



    ・FAX

    ・郵便番号(※必須入力)

    ・住所(※必須入力)

    ・E-Mail(※必須入力)


【update】歯撮くんplus2.0.14

2012年8月7日 火曜日

歯撮くんplus バージョン2.0.14 [2012/08/07]
  • 比較表示画面において、画像の表示を中止する機能が追加されました。

    ・画像の表示を中止するには、画像の表示中メッセージ画面にある中止ボタンを押して下さい。

  • 比較表示画面の右下に、比較表示の動作設定を行なう「動作設定」アイコンが追加されました。

    ※2.0.13以前にあった「比較表示パターンと印刷様式の組み合わせ」ボタンは、比較表示の動作設定画面へ移動されました。

    ・比較表示の動作設定画面では、以下の設定が行えます。

     A.画面の初期表示時に画像の自動設定を実行
     B.18枚表示(縦3×横6)における画像の自動設定パターン
     C.比較表示パターンと印刷様式の組み合わせ

  • 比較表示画面の右下に、比較表示画像を再表示させる「再表示」アイコンが追加されました。


【update】歯撮くんplus2.0.13

2012年6月19日 火曜日

歯撮くんplus バージョン2.0.13 [2012/06/19]
  • 比較表示画面において、15枚(横3×縦5)の比較表示パターンが追加されました。

  • 比較表示画面から呼び出される「比較表示パターンと印刷様式の組み合わせ」において、新たに追加された15枚パターンに対する印刷様式の設定が追加されました。

  • 印刷様式に以下のパターンが追加されました。

    ・診察画像報告書[AQSA4V21] (A4縦、画像×15、テキスト×2)
    ・診察画像報告書[AQSB5V21] (A4縦、画像×15、テキスト×2)


【update】歯撮くんplus2.0.12

2012年6月19日 火曜日

歯撮くんplus バージョン2.0.12 [2012/06/19]
  • 歯撮くんplusの起動時において、以下のエラーが発生して起動できない問題に対処しました。

    エラー番号  :9001
    エラー内容  :最新バージョン情報の獲得に失敗しました。
    エラー発生場所:sdmMain.gfCheckNewVersion()


【update】歯撮くんplus2.0.11

2012年6月7日 木曜日

歯撮くんplus バージョン2.0.11 [2012/06/07]
  • キャプチャデバイスからの取り込み画面において、静止画を保存すると以下のエラーが発生する問題を修正しました。

    エラー番号  :52002
    エラー内容  :GDI+ で汎用エラーが発生しました。
    エラー発生場所:キャプチャーデバイスからの取り込み


【update】歯撮くんplus2.0.10

2012年5月29日 火曜日

歯撮くんplus バージョン2.0.10 [2012/05/29]
  • 歯撮くんplus画像表示において、最大化または最小化されている時に画面を終了すると以下のエラーが発生する問題を修正しました。

    エラー番号  :91
    エラー内容  :オブジェクト変数または With ブロック変数が設定されていません。
    エラー発生場所:frmMarkerToolbar.Form_Load()

    ・この修正により以下のプログラムのバージョン変更が行なわれました。

     歯撮くんplus画像表示 1.0.4 → 1.0.5

  • 歯撮くんplus画像表示において、最大化されている時にメニューの「ファイル(F) → プログラムの終了(X)」を選択すると、縮小画面だけが表示された状態でプログラムが終了しない問題を修正しました。


【update】歯撮くんplus2.0.9

2012年5月11日 金曜日

歯撮くんplus バージョン2.0.9 [2012/05/15]
  • 動画管理画面において、過去に削除した動画を削除フォルダから取り込む機能が追加されました。

    ・削除フォルダから動画を取り込むには、以下の操作を行なって下さい。

     1.動画管理画面の「削除フォルダ」アイコンを押して「削除フォルダからの取り込み」画面を表示します。
     2.削除された動画の一覧リストから復元したい動画の「選択」項目にチェックを入れます。
     3.「削除フォルダからの取り込み」画面の下部にある「取り込み」ボタンを押します。

    ※削除フォルダからの取り込みは、現在選択している患者の動画として取り込まれます。
    ※本機能の追加により、動画管理画面内のアイコン、ボタン、およびメニュー項目の配置が変更されました。

  • 動画管理画面において、削除フォルダにある動画を完全に削除する機能が追加されました。

    ・削除フォルダにある動画を完全に削除するには、以下の操作を行なって下さい。

     1.動画管理画面の「削除フォルダ」アイコンを押して「削除フォルダからの取り込み」画面を表示します。
     2.削除された動画の一覧リストから完全に削除したい動画の「選択」項目にチェックを入れます。
     3.削除された動画の一覧リストでマウスの右クリックして表示されるポップアップメニューから「選択されている動画を完全に削除する(D)」を選択します。
     4.完全削除の確認メッセージで「はい(Y)」を選択します。

    ※この操作により削除された動画ファイルは、ウインドウズのごみ箱に移動されます。
    ※この操作により削除された動画ファイルがネットワークドライブに存在する場合は、ごみ箱へ移動されずに完全にディスクから削除されます。

  • ファイル管理画面において、過去に削除したファイルを削除フォルダから取り込む機能が追加されました。

    ・削除フォルダからファイルを取り込むには、以下の操作を行なって下さい。

     1.ファイル管理画面の「削除フォルダ」アイコンを押して「削除フォルダからの取り込み」画面を表示します。
     2.削除されたファイルの一覧リストから復元したいファイルの「選択」項目にチェックを入れます。
     3.「削除フォルダからの取り込み」画面の下部にある「取り込み」ボタンを押します。

    ※削除フォルダからの取り込みは、現在選択している患者のファイルとして取り込まれます。
    ※本機能の追加により、ファイル管理画面内のアイコン、ボタン、およびメニュー項目の配置が変更されました。

  • ファイル管理画面において、削除フォルダにあるファイルを完全に削除する機能が追加されました。

    ・削除フォルダにあるファイルを完全に削除するには、以下の操作を行なって下さい。

     1.ファイル管理画面の「削除フォルダ」アイコンを押して「削除フォルダからの取り込み」画面を表示します。
     2.削除されたファイルの一覧リストから完全に削除したいファイルの「選択」項目にチェックを入れます。
     3.削除されたファイルの一覧リストでマウスの右クリックして表示されるポップアップメニューから「選択されているファイルを完全に削除する(D)」を選択します。
     4.完全削除の確認メッセージで「はい(Y)」を選択します。

    ※この操作により削除されたファイルは、ウインドウズのごみ箱に移動されます。
    ※この操作により削除されたファイルがネットワークドライブに存在する場合は、ごみ箱へ移動されずに完全にディスクから削除されます。

  • 画像管理画面の削除フォルダ内からの画像の完全削除において、完全削除した画像がウインドウズのごみ箱へ移動されるようになりました。

    ※この操作により削除された画像がネットワークドライブに存在する場合は、ごみ箱へ移動されずに完全にディスクから削除されます。


【update】歯撮くんplus2.0.8

2012年4月23日 月曜日

歯撮くんplus バージョン2.0.8 [2012/04/23]
  • 暗号化パスワードの選択画面において、暗号化パスワードが1つも登録されていない状況でOKボタンを押すと、画面が閉じられる時に以下のエラーが発生する問題を修正しました。/>
    />
    エラー番号  :9/>
    エラー内容  :インデックスが有効範囲にありません。/>
    エラー発生場所:frmSelectEncryptPassword.Form_Resize()/>

  • 画像管理および動画管理の画面から呼び出されるキャプチャデバイスからの取り込み機能が新しくなり、対応可能なキャプチャデバイス製品が増えました。


[歯撮くんplus2.0]新機能紹介・・・その1

2012年3月24日 土曜日

画像表示画面の診察日別画像一覧リストにおいて、リストの一番最初に「全ての診察日の画像」項目を追加いたしました。

サムネイル画像の下に日付、部位、目的などの情報を表示できるようになりました。